言葉は聞いたことがあるけど、なんか複雑そうで今まで避けてきたんです。そんな言葉を耳にすることが多いのが投資信託です。投資信託とは一体なんなのでしょうか?あなたにどんなメリットがあるのでしょうか?一方でどんなデメリットがあるのでしょうか?投資信託について、理解を深めましょう。

スイツを着ている女性
  • ホーム
  • 株式投資信託で国内外の株式に投資

株式投資信託で国内外の株式に投資

パソコン

株式投資は、国内だけでなく海外でも行えます。
日本であれば日本の証券会社を通じてならほぼどこでも行えますし、それ以外の国であれば基本的にはそれぞれの国の証券会社を通じて購入になります。
ただ、アメリカや中国やそのほかの一部の国に関しては、日本の証券会社でも一部購入ができるようになっています。
ただ、すべての証券会社で取り扱っているわけではなく、またそれぞれの証券会社で投資できる会社なども異なるので、少し戸惑うかもしれません。

そこで利用すると良いのが投資信託です。
日本の銀行や証券会社などで販売されていて、多くの商品が用意されています。
国内資産に対して主に運用をしているものもあれば、海外の資産に対して運用しているものもあります。
ですから、これらを購入すれば自然に国内外に対して投資が可能になります。

株式に投資をしようとすると、どうしてもそれぞれの会社の分析をしたり、株価の状況をチェックしたりが必要になります。
国内外に投資をするなら当然どちらに対しても行わないといけませんが、国内以外の情報は簡単に手に入れられません。
分析が苦手な人となると、情報があってもどれを買ったらいいかわからないでしょう。

投資信託であれば、方針を決めればそれに沿った商品を選ぶだけなので、銘柄を細かく選んだり分析する必要がありません。
日本の会社にのみ投資をすると、どうしても日本の経済事情によって大きく資産を減らしてしまう可能性があります。
投資信託では複数の会社に分散をするのでそれなりにリスクも減らせますが、日本経済全体が冷え込んでしまうと全体的に価値が下がる可能性があります。

海外の会社を含めて運用しておくと、日本経済が冷え込んだとしても影響を受けない可能性があります。
アメリカなどは世界の経済の中心ですし、中国をはじめとするアジアの国は成長著しいので、日本よりも高い成長が期待できます。
国内分散だけでなく、世界に分散をしての運用が可能になります。

ファンドに株式を組み込めるものは全て株式投資信託

投資信託には、公社債投資信託とそれ以外の投資信託があり、どちらかを選択して投資をします。
公社債投資信託は、目論見書に公社債にしか投資をしない旨が書かれているファンドで、もちろん公社債にしか投資ができません。
それ以外の投資信託は、公社債しか投資できないとの旨が書かれていないので、公社債にも株式にも投資ができます。

選ぶときには、自分自身の投資の目的や方針を考慮すると良いかもしれません。
多少資産の増減はあっても積極的に増やしたいのであれば、アクティブに分類される商品を選択します。
株式に対して投資をする投資信託にはその他にインデックスに分類される商品がありますが、こちらは日経平均やTOPIX等の指標に基づいて運用するタイプです。

アメリカであればダウ平均などに追随するように運用されます。
アクティブタイプは、それ以上の成績を目指すように構成されているので、時には大きく資産を増やせますが、逆に大きく減らす可能性もあります。
安定的な資産の上昇を目指すのであれば、インデックスと呼ばれる日経平均などの指標を目標にしたファンドがいいかもしれません。
指標があるのでわかりやすく、経済の上下に合わせて売買をすれば、安く買って高く売るなども行えます。

上場されているものなどもあるので買いやすいかもしれません。
あまりリスクを取らずに投資をしたいのであれば、バランスファンドを選びます。
バランスファンドは、株式だけでなくその他の資産も組み入れる商品になります。

債券であったり不動産、石油などの商品に投資をするものもあります。
債券を多く含んだものであれば大きく資産を減らしませんが、大きくも増やせません。
投資の初心者ならアクティブよりバランスの方が良いかもしれません。