言葉は聞いたことがあるけど、なんか複雑そうで今まで避けてきたんです。そんな言葉を耳にすることが多いのが投資信託です。投資信託とは一体なんなのでしょうか?あなたにどんなメリットがあるのでしょうか?一方でどんなデメリットがあるのでしょうか?投資信託について、理解を深めましょう。

スイツを着ている女性
  • ホーム
  • 不動産投資信託「REITファンド」でリスク分散

不動産投資信託「REITファンド」でリスク分散

スーツを着る男性

「卵は一つの籠に盛るな」という相場格言があるように、複数の金融商品に分散して投資を行うことが重要です。
分散をしているほど、急上昇する銘柄に上手く乗っかる可能性は低くなりますが、相場の状況が良くない時でも大きなダメージを受ける可能性が少なくなります。
分散投資は株や債券だけでなく、不動産もそのポートフォリオの一つに入ります。

しかし不動産投資を個人で行うには物件の購入が必要になり、既にある程度の資産を持っている人にしか始めることができないのが実情です。
その問題を解決する方法となるのが、平均的な収入の人が参入しにくいという不動産投資の弱点を補うREITファンドです。
このファンドは複数のJ-REITに投資をし、J-REITの持つ高い分配金と売買による収益で出資者に分配を行います。

REITは不動産投資法人と呼ばれる団体が発行する証券を購入してもらうことでお金を集め、その資金を元に物件を購入し、賃料収入を得て収益を出しています。
不動産投資法人は収益を出資者に分配する比率を高くすることで法人税がかからないなどの税制メリットを受けることができ、運営する側にも出資者の側にもメリットがある方法を採っています。
証券化を行うことで不動産の価値を非常に細かく細分化することができ、例えば数億円するようなビルなどにも少ない金額で出資することができるようになります。
古くから土地長者と言われるように、不動産投資にはリスクの少なさと言う魅力があります。

国内の人口は減少しているとは言え、需要が無くなることは考えられませんので、結果として価値がなくなるリスクは非常に低いものになるのです。
そのリートに出資をする投資信託があり、1万円ほどの金額からでも投資を行うことができるのです。

また、投資信託と言う方法を用いれば、その投資対象は国内だけではなく海外にまで広がります。
事実、海外の不動産を対象にしたリートファンドもあり、比較的高い分配金割合を維持し続けています。
REITの誕生により、土地や建物に投資をすることのハードルが随分と下がりました。

株式市場で売買するリートETF(上場投資信託)

ではリートファンドはどう選べば良いのか?という疑問が生じるものですが、一般的な上場株式と同じように、リートの世界にもETFが存在します。
原理は他の金融商品の上場投資信託と同じで、豊富な資金でREITの主要銘柄を満遍なく保有しています。
値動きは東証リート指数に連動していることから、特定の銘柄に投資を行う時のような急激な値動きはありません。
ローリスクで投資を行うことができるのです。

日本の株式市場には現在8銘柄のリートETFがあります。
同じようにREIT全体の指数をベンチマークとしていることからどの銘柄を買うと得という概念は存在しません。
また株式やコモディティの上場投資信託とは異なり、定期的に分配金があることも大きな魅力ですし、信託報酬についても1%以下に抑えられています。

一般的な投資信託と比較してもその信託報酬は低いと言えるでしょう。
現物の不動産に投資をすると物件の維持管理などの手間や管理会社への手数料がありますので、グロスでの利回りが低くても、実質的には現物不動産より効率よく資産運用が出来ると言っても良いでしょう。
売買を行うのは非常に簡単です。

株式市場に上場していることから、東京証券取引所の銘柄コードが存在し、主要銘柄と同じようにリアルタイムで売買をすることができます。
リアルタイムでの取引と言う特性から、デイトレードを行うことも可能です。
売買手数料も上場株式と基本的に同じです。

リートETFは資産の分散という目的だけではなく、不動産投資を軸に資産運用を考えている方にもおすすめしたいものです。
安定性を持ちながら、東京証券取引所に上場していることや投資金額を低く設定できることから、高い流動性があります。
売りたいときに売れないという不動産の永遠の課題をも克服するものなのです。