言葉は聞いたことがあるけど、なんか複雑そうで今まで避けてきたんです。そんな言葉を耳にすることが多いのが投資信託です。投資信託とは一体なんなのでしょうか?あなたにどんなメリットがあるのでしょうか?一方でどんなデメリットがあるのでしょうか?投資信託について、理解を深めましょう。

スイツを着ている女性
一万円札

投資信託は、投資家から集めたお金をファンドマネージャーが運用して増やすのを目的とした金融商品です。
公社債のみに投資をする商品の他、株式や不動産に投資をする商品もあります。
それぞれ国内投資タイプと国際投資タイプがあり、国際投資タイプにも先進国投資タイプと新興国投資タイプがあります。
ハイリスクハイリターンなら株式や不動産に投資をするものが良いでしょうし、リスクを減らしたいなら債券に投資をするものを選ぶのが良くなります。

投資信託とはファンドマネージャーが運用する金融商品

日本でお金を運用する方法として、多い金融機関の商品は銀行の定期預金と言われています。
元本保証がされていて、かつてはそれなりに高い金利が設定されていました。
今も元本保証はありますが、とても増やせるような金利はついていません。

そのため、少しでも増やしたい人に対して人気が出てきた金融商品に投資信託があります。
残念ながら銀行の定期預金のように元本保証はありません。また、決められた金利も設定されていません。
しかし、比較的高い利回りが期待で切る投資商品です。

元々は証券会社のみで販売されていましたが、最近は銀行でも販売されるようになりました。
銀行で定期預金以外の商品はないかと相談すると、提案されるケースが多くなっています。
商品の中身としては、顧客から集めたお金をファンドマネージャーが投資先を決めて運用します。
非常に多くの商品があり中には似たような商品もありますが、それぞれ方針が異なるために全く同じ動きはしません。

投資顧問会社によっても異なりますし、ファンドマネージャーによっても異なります。
株式や不動産のように特定の資産に集中して投資するわけではなく、ある目的に応じて分散投資が行われます。
ですからリスクを分散するには良い商品になります。

又、投資資金は信託されていますから、販売会社や投資顧問会社が倒産したとしても投資資産が失われないようになっています。
商品によってリスクとリターンが異なり、大きな利益を得たいのであればハイリスクハイリターンの性格を持つ商品を選ぶと良いでしょう。
片や、銀行の定期預金のようにできるだけ資産を減らしたくないのであれば、ローリスクローリターンの商品も選べます。
元本保証はないものの、実質元本割れしていない商品もあります。
その分利回りは定期預金並みです。

株式(国内・国際)の投資信託ランキング

国内の株式に投資をする商品

1位:小型株ファンド
『愛称:グローイング・アップ』。中小型の投資先に対して投資をしているタイプになります。中小型は将来性が高く、上昇する可能性も高いです。
こちらの商品は、新規公開を契機にどんどん成長する会社に投資をするよう投資配分を行っています。
2位:日興グローイング・ベンチャーFUND
『愛称:グローイング・ベンチャー』。中小型の投資先が中心の商品です。
特徴としては、公開後5年以内の銘柄に絞っているところが挙げられます。
もちろんリサーチによって上場後の収益性や成長性、さらに安全性などにも配慮しているので、安定した利益還元が期待できるように構成されています。
3位:マネックス・日本成長株FUND
『愛称:ザ・ファンド@マネックス』。インターネット関連の会社に投資をしている商品です。
各社に対してネットインフラの構築を行ったり、提案をする会社に特化して投資を行っています。
ネット環境は将来的にも必要になるので、安定した成長が期待できるでしょう。

国際的な株式に投資をする商品

1位:米国MLPFUND(毎月分配型)Aコース(H有)
『愛称:THEMLPA』。米国に上場している銘柄に投資をしている商品です。
米国の中でも特にエネルギー関係に焦点を絞り、企業分析などを行って投資先を選別しています。
為替ヘッジありなので為替変動リスクは少ないです。
2位:米国MLPファンド(毎月分配型)Bコース(H無)
『愛称:THEMLPB』。1位と同じタイプの商品ですが、為替ヘッジがないタイプになります。
為替ヘッジがない分手数料は安めで、分散投資をするにはより効果的と言えます。
その代り変動による下落リスクは高くなります。
3位:ブラデスコブラジル株式オープン
ブリックスの一つであるブラジルの企業に投資をしている商品です。
ブラジル経済においては、資源やエネルギーなどが経済の柱になっており、それらの企業に投資をしているので、資産の上昇が期待できます。
為替ヘッジがないタイプで、年に2回の決算を行います。

債券(国内・国際)の投資信託ランキング

国内の債券に投資をする商品でランキング

1位:ピムコ変動利付日本国債FUNDクラスα
『愛称:Jフローター』。変動利付タイプの日本国債を購入をしている商品です。
格付けに一定の基準を設けていて、一定格以上のものに限定しています。
平均格付けがA格以上になるようにしているため、デイフォルトリスクはかなり低くなっています。
2位:DLIBJ公社債オープン(短期コース)
組み入れ時にBBB格以上の格付けを持つ国債や日本の企業の発行する社債、転換社債を中心に投資をしている商品です。
3位:日本公共債FUND2020
『愛称:ふるさと紀行2020』。少し変わったタイプとして地方債を中心に投資をしている商品になります。
運用方法として、投資信託の償還と満期を一致させるような工夫を行っています。
発生する利子収入であったり、値上がりによって得られた益を元に決算ごとに安定分配をするような仕組みを持ちます。

国際的な債券に投資をする商品

1位:日興ワールドCBファンド(通貨アルファ戦略)
世界の企業が発行する転換社債や普通社債に投資をする商品です。
投資先としては、先進国だけでなく新興国も含めるようにし、新興国の割合を高めて高い金利収入が得られるよう工夫されています。
為替ヘッジを行わないタイプになります。
2位:三菱UFJ新興国高利回り社債<ペソ>(毎月)
『愛称:グローイング・スター』。米ドル建てで発行されている新興国の社債などに投資をする商品です。
投資先の平均格付けがB相当以上になるようポートフォリオの調整を行う商品になります。
米ドル建てなので、米ドルの為替相場による影響を受けますが、それぞれの国の相場の影響は受けにくくなっています。
3位:米国バンクローンF通貨〈ペソ〉(毎月)
『愛称:スマートスター』。米ドル建てによる公社債のほかバンクローンと呼ばれる貸付債権に投資をする商品です。
取得時の格付けをCCC格以上としていて、為替ヘッジは行いません。毎月決算を行うタイプになります。
債券投資をしている商品の中では、積極的に利益を狙う商品と言えます。

REIT(国内・国際)の投資信託ランキング

国内のREITに投資をする商品

1位:東京海上J-REIT(通貨選択型)ペソ(毎月)
日本に上場している不動産投資信託に対する商品です。
銘柄の選定においては、流動性や信用力を意識しながらも、中長期的に利益が還元される資産に資金を投資する仕組みを取っています。
2位:DIAMJ-REITオープン(2カ月決算コース)
『愛称:オーナーズ・インカム2M』。日本に上場している不動産投資信託の指数に採用、もしくは採用を予定されている商品に投資をするタイプです。
ベンチマークとしては、東証REIT指数を使い、中長期的にそれを上回る成績を目指す商品になっています。
別の投信に投資をする運用になります。
3位:DIAMJ-REITアクティブファンド(毎月決算)
『愛称:ハッピー・オーナー』。東証の指数に採用されている、又は採用予定の不動産投資信託になります。
ベンチマーク以上の成果を目指せるように資金を投入し、投資家への還元を目指している商品です。
別の商品に投資する方式で、毎月決算が行われるタイプです。

国際的なREITに投資をする商品

1位:国際アジア・リート・F(通貨)円(毎月)
アジア諸国への投資をしている商品です。
日本を除くアジアの金融商品取引所に上場している不動産投資信託への投資をして、安定した配当金を投資家に還元するよう目指しています。
為替ヘッジを行って、為替変動リスクを抑えています。
2位:Jリート・アジアミックス・オープン(毎月)
アジアの他オセアニアに上場している不動産投資信託への投資を行う商品です。
銘柄選択では、成長性であったり配当利回りなどを考慮し、各地域にバランスよく配分されるように購入が進められています。
為替ヘッジがないので、為替変動のリスクはあります。
3位:野村ワールドリート通貨選択型FUND(レアル)
『愛称:ワールドリートプラス』。世界各国の金融の商品取引所に上場されているREITに投資をする商品です。
銘柄の購入時には、キャッシュフロー利回り、キャッシュフロー成長率等を考慮しています。
米ドルによる為替ヘッジを行う商品です。